Our blog

2
Nov

デジタル化が待望される飲食業界

コロナによる世界的危機は、「外食」や「ウィンドウ・ショッピング」という言葉の意味を変えてしまいました。データ分析のリーディングカンパニーであるGlobalData社が実施した「2021年第2四半期消費者調査」によると、回答者の58%が、アジアにおけるコロナの感染リスクにより公共の場に出かけることに不安を感じているそうです。[1] パンデミックは、新しいテクノロジーの導入が遅いことで有名な昔ながらの飲食業界に、早くも激しい競争をもたらしています。前ポケットにボールペンをぶら下げたウェイトレスが紙に注文をメモしてシェフに渡し、そこに書かれたメニューが厨房で大声で叫ばれている様子はお馴染みの光景でしょう。彼らにカードでの支払いを求めることなど、ただの負担でしかないのです。 しかし今、飲食業界には進化するか、絶滅するかの選択肢しかありません。 「Heytea Go」モバイルアプリでリピート率が300%アップ そんな中、テクノロジーに精通したサードパーティ企業が、飲食業界が進化するための推進力となっています。これらの企業はデリバリー(配達)プラットフォーム、キャンセル待ちリストの管理ソフト、クレジットカード決済システム、QRコード対応ソフトなどさまざまなデジタルツールを駆使して、飲食業界の存続を支援しています。これからは、携帯電話を家に忘れてしまったら、QRコードを使ってメニューを見たり、セルフオーダーで注文することすらできなくなるかもしれません。 中にはもっと進んでいるところもあります。2012年に設立された中国の大手ミルクティーチェーン「Heytea」は、中国、シンガポール、香港、マレーシアで400以上の店舗を運営しています。クリームチーズをトッピングしたティードリンクで知られている同店では、店舗で長蛇の列に並ぶことなど当たり前。そんなHeyteaが金融サービスプロバイダーのWirecardと共同でローンチしたのが、ミレニアル世代の顧客にシームレスなエクスペリエンスを提供することを目的とした注文アプリ「Heytea Go」です。ローンチ当初の段階で600万人のユーザーを獲得し、リピート率は3倍になりました。[2] Heyteaのプレスリリースによると、現在、注文の半分はモバイルアプリからだそう。アプリを使えば待ち時間の目安が表示され、プッシュ通知が来たら受け取ればよいだけだからです。何事も速いペースで進む近代社会に生きる私たちは「退屈で長い待ち時間」を苦痛に感じる傾向がありますが、アプリを使用すればこんな悩みも回避できます。 Heyteaは、テクノロジーを業務に取り入れることが、カスタマー・エクスペリエンスを向上させ、好みをカスタマイズするための鍵であることを理解しています。そのために、顧客にアプリを使ってリピート購入し、定期的に注文する習慣をつけてもらうよう奨励しているのです。 中国火鍋レストランチェーン:海底撈火鍋(Haidilao、かいていろうひなべ)のスマート化  ロックダウンや外食制限の苦しさから、多くのレストランが経営難に陥っています。ロイター通信によると、中国の飲食業界は2021年9月に3.1%縮小したそうです。[3] 最大規模の中国火鍋レストランチェーンであり、これまで急速な拡大を続けてきたHaidilao(海底撈火鍋)でさえ、成長の鈍化と消費者の支出の減少を目の当たりにしており、今、開業ペースの熟考を迫られています。 しかしながら、Haidilaoは業界のリーダーとなることを目指して自動化とデジタル化による厨房管理を進め、レストランのサービスを次のレベルに引き上げる準備を進めてきました。中国の有名な格言、「備えあれば憂いなし」の通り、Haidilaoは今年4月に上海でスマートレストランを立ち上げました。 店頭での注文方法は他のHaidilaoのその他レストランと変わりませんが、iPadでオリジナルの火鍋ソースを作ることができるのが特徴です。スパイス、塩、油、トッピング、香菜や葱などそれぞれの材料の量を調整して自分好みのソースを作ることができ、全部で10,000以上のレシピが用意されています。[4] バックエンドに欠かせないのが、ロボットアーム付きの自動冷蔵室とサーバーです。ロボットアームは料理の受け取りとデリバリーを円滑化し、ロボットサーバーが料理をテーブルまで届けます。食品の安全性を確保するために、各プレートには保存期間を追跡するための高周波識別チップが搭載されており、在庫データやバックステージでのオペレーションをリアルタイムに監視・管理・分析する「インテリジェント・キッチン・マネジメント・システム」用のデータが含まれています。顧客が注文を行うと、厨房ではロボットアームにより自動的に料理が作られます。このシステムにより、Haidilaoは厨房人件費の37%削減に成功した旨を発表しています。[4] パンデミックにより飲食業界はデジタルトランスフォーメーションを採用せざるを得なくなり、業界の在り方は再編され続けています。中小企業がデジタル技術に追いつこうとする一方で、巨大企業はデジタル戦略に多額の投資を行い、デジタルな関係を媒介とした顧客のオンラインおよびオフラインでのエクスペリエンスを向上させています。食事をしに来る人々は常により優れた、より良いものを期待しているため、パンデミック後は「デジタル感覚に優れた」レストランだけが繁盛するようになるかもしれません。

27
Sep

foodPanda:「速さ」にフォーカスしたビジネスモデルの台頭

新型コロナウイルス感染拡大が飲食業回に与えたダメージは大きく、ロックダウンと外食制限により飲食店内での人や商品の有機的な動きも深刻なレベルで減少しています。そんな中、インターネットを使ったオンデマンド宅配システムは、小規模ビジネスや個人経営レストランが混迷の時期を乗り切る助け舟となってきました。現在、アジア地域においてフードデリバリー業界を牽引するfoodpandaは、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、台湾、日本など、アジア圏内400都市以上にまたがる12のマーケットでサービスを展開しています。グローバルカンパニーであるDelivery Heroの傘下にあるfoodpandaは2021年第二四半期の業績ベースで300米ドルの企業価値を有し、250%の成長率を誇りました。 foodpandaはいかにして飲食業界を変化させ、ネット上の体験と現場業務のギャップをどのように繋ぎ合わせたのでしょうか?また、このような新ビジネスモデル台頭の裏に、私たちは何を知るべきなのでしょうか?今回のブログで探ってみましょう。 foodPandaと「クイックコマース」 foodpandaのアジア太平洋地域最高経営責任者を務めるジェイコブ・アンゲラ(Jakob Angele)氏が、ポッドキャストのインタビューで過去の経験について語っていました。ジェイコブ氏はシンガポールで、あらゆるレストランの戸を叩き契約を取って回ったと言います。過去10年間、彼はチームと共に現場を歩き回り、将来的なQコマース(クイックコマース)の立ち上げに向けて自らの足で投資者やパートナーを育ててきたのです。既にあるEコマースと違い、Qコマースが売りとするのは「速さ・規模・ブランド力」です。 ピンクの配達バッグが印象的なfoodpandaは、瞬時に何百人という空腹の顧客の目に留まります。今日では、アジア中の人が最低1つのフードデリバリーアプリをスマホにインストールしていると言われています。自宅でNetflixを観ながら、急にタピオカドリンクが飲みたい衝動にかられたら、foodpandaやUberEats、Deliverooに注文できるというわけです。この2年間、外食制限は常に変化し、今日レストランで食事を楽しむことができても、明日には全ての店内飲食が中止になるかもしれません。 新型コロナ禍の中では、中小企業(SMEs)が顧客に対して、摩擦なくパーソナルな体験を提供できるよう助力することが非常に大切です。オンラインとオフラインの体験を巧みに統合することことで、中小規模の店舗でも注文が届いてから30分以内に商品を届けることが可能になります。foodpandaとの協力体制をとることで、飲食店は途切れなく顧客と繋がり、新たな収益チャネルを創出することができるのです。 シンガポールでfoodpandaと協働する販売店は16,000件近くあり、とりわけ重要なことに、そのうち約半分は中小ビジネスです。中小ビジネスにとって、foodpandaは単なる業務パートナーでなく、有料のプロモーションサービスを利用して露出アップや収益向上を目指すことができる宣伝プラットフォームでもあります。中小規模の店舗においては、今の状況を好機として捉え、ネット上での存在感を最大限に高め、それに応じたビジネススケールにスピーディーに変化することが求められます。中小企業がスケーラビリティ(=利用者や仕事量の増減に対応する企業能力)を追求するというのは、過去に例のないことです。 panadamart のブランド広告 面白いことに、foodPanda自体もpandamartの導入によりサービススケールを拡大させています。pandamartは、15〜30分以内に注文者の玄関先まで食料品を配達するサービスです。スーパーで買い物する機会が減り、感染リスクを減らすため日常的に食品をネット注文する人々が増えました。foodpandaはこの消費習慣の変化を捕え、生鮮食品、食品、家庭用品、健康関連商品など3,500種類以上の日用品をpandamart上に取り揃え、マレーシア市場においてビジネスの守備範囲を拡大しました。 バングラデシュのような発展途上国においても、foodmartは64のエリアで食料品の宅配を行っています。さらに、シンガポールにおいては、登録制の月額システム導入より今まで以上に合理的な買い物体験や特別割引を提供し、その地位を確立させました。「pandamart mooncakes」という名前でオリジナル月餅を販売するなど、様々なブランド広告を打つことで、foodpandaは戦略都市において強い地盤を築いてきたのです。 フードデリバリーにおけるクイックコマースは、顧客の胃袋を満たす単発サービスです。しかし同時に、それは中小企業がデジタル社会において頑丈な礎を築き、また、時事刻々と変化する環境の中でも小売業がしなやかにビジネスを継続するための強力なツールなのです。

2
Sep

Xiaomiの成功とスマートホームIoT企業としての台頭

競争が激しいスマートフォン市場にXiaomiが参入したのは2010年。「手ごろな価格で高品質なテクノロジーを提供する」ことを戦略とし、価値志向の顧客層を中心に、瞬く間にユーザーを増やしました。Xiaomiの製品は世界90か国で販売され、インドでは4年連続でナンバーワンスマホブランドの座を獲得、年間収益は3,700万米ドルに到達しました。これまで2億点のIoT商品を売り上げたXiaomiは、10年足らずのうちに、まさに世界最大の個人向けIoT(Internet of Things=モノのインターネット)企業の一つへと飛躍しました。成功の舞台裏と、拡大するプロダクトポートフォリオに込められた意図とはどのようなものなのでしょうか?さっそく紐解いてみましょう! 世界第2位のスマートフォン販売企業 Xiaomiのスマートフォンは驚くほど低価格です。その価格設定につられてつい商品をチェックしてしまうのではないでしょうか。機能面でのコストパフォーマンスが高く、多くのテクノロジー企業を打ち負かせます。そのため、Xiaomiがアップルを抜いて世界第2位のスマホ企業になったことは自然な流れとも言えます。2021年には、ヨーロッパ向けのスマートフォン出荷台数でサムスンを抜き第1位となりました。この国際マーケティングにおける大躍進の鍵を握ったのが、インターネット上のコミュニティのエンゲージメントの高さです。製品が発売されると、開発者やエンジニアはユーザーからの反応を注意深く追い、起こり得るバグ(障害)や課題をあらかじめ解消します。そのため熱心なファン層が育ち、アンドロイドコミュニティを通じて重要な提案をしてくれるようになります。この活動が盛り上がることで、Xiaomiはユーザーの需要が大きい機能にも素早く対応することができるのです。 ホームライフを快適にするブランドへと進化 レイ・ジュン(Lei Jun)CEOは、2016年夏に行われたダボスでのイベントで「Xiaomiは単なるスマートフォン販売企業では終わらない」と話しました。Xiaomiの野望は、世界最大のライフスタイルIoT企業になることです。自社スマホを“サブリモコン”として使い、無線接続と人工知能と連動させることで、家庭内のあらゆるスマート機器と接続することができます。近年では、多用途に使えるIoT製品単体の販売利益が、その高い利益率のおかげで総収益の25%以上を占めるようになりました。影響力と収益が増したXiaomiは、2018年に香港証券取引所に上場しました。 Xiamoはこれまで、50社を超えるスマート機器メーカーと連携し、40種類以上のIoT製品を開発してきました。厳格なIoTプロトコルを土台にすることで、パートナー企業はスムーズにXiaomiのエコシステムに加わることができます。スマートテレビ、ノンフライヤー、食洗機といったスマホ以外の製品が、Xiaomiの「Mi Home」アプリにすんなり接続されます。 シンプルな美しさとクロスセリング ミニマリスト的な美しさが魅力のブランドと言えば日本の「無印良品」を思い浮かべるかもしれませんが、Xiaomiにおいても無駄のないデザインを売りに、ユーザーが自社のスマートホーム対応製品を買い揃えるよう工夫を凝らしています。タイムセールを頻繁に行い、顧客が定期的にXiaomiのオンラインストアを訪れる機会を作っています。Xiaomiのスマートホーム機器は、スマートフォン購入を検討する人にも注目されるようになりました。その結果、プロダクトポートフォリオを全体からの商品購入を促進しています。シンプルに言うと、顧客は別のXiaomi商品を買おうと思い検索したのに、追加であれもこれも購入するということです。 Xiaomiが世界に残した足跡は、ハイテク好きな顧客のお墨付きを得ています。ブランドデザイン、品質、イノベーション、機能面でのコストパフォーマンスを貫く企業戦略が、製品領域の多様化を可能にし、XiaomiをIoTで世界を動かす原動力へと成長させたのです。

25
Aug

キャッシュレス社会:「現金決済→デジタル決済」のシフトが世界に波及

キャッシュレス社会が日一日と身近になる現在。今や発展途上国においてもスマートフォンの普及が進

12
Aug

デジタル化時代におけるスマートポート改革

世界貿易の約9割を担う海事産業は、クレーンなどの荷役機器を人間が手作業で操作することに大きく依存してい

12
Aug

デジタルトランスフォーメーションとリモートワークの台頭

デジタルトランスフォーメーションの波に乗って、「働き方改革」に向けた動きが世界的に活発になっています。

30
Jul

アジアで躍進する新たなEdtech:Eラーニングプラットフォーム

2020年、教育分野は学校の閉鎖に伴い新しい形を求められ、多くの学生と教員が従来の教室での学習からデジタル配信による

Scroll Up